Looker Studio(旧:Googleデータポータル)の使い方|GAレポートを作ろう

アナリティクスを使うならLooker Studioを併用すると便利って聞きました。初心者向けにLooker Studioのメリットや使い方を教えてください

こういった疑問に答えます。

今回は、Looker Studio(旧:Googleデータポータル)の使い方を解説します。

注:Googleデータポータルは、2022年10月に、Looker Studioに名称が変わりました。(Google公式サイト

Looker Studioは、Googleが提供する無料のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールです(参照:Googleヘルプ)。

Looker Studioを使うと、Googleアナリティクスのデータをカスタマイズして、グラフや表に視覚化できるので、分析がしやすくなります。

サイトを分析して、PVをアップさせたり、コンバージョン率を高めたりしたい方は、ぜひご覧ください。

※本記事の対象は、Googleアナリティクスを使っている方です。まだの方は、GA4の導入手順ご覧になり、先に導入しておいてくださいね。

目次

Looker Studio(旧:Googleデータポータル)とは?特徴やメリット、GA4データ探索との違い

Looker Studio(読み方:ルッカースタジオ)とは、Googleが提供する無料のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールです。

言い換えると、ダッシュボードを作れるレポート作成用のサービス、のこと。

たとえば、以下のようなレポートを作れます。

Googleアナリティクス(UA、GA4)を使ったことがある方ならお気づきのように、カラフルで、表現方法が多彩ですよね。

※呼び名の歴史 :
Google データStudio → Google データポータル → Looker Studio

UAでLooker Studioを使っていた方向け

昔のアナリティクス(UA)で、Looker Studioを使っていた方もいるでしょう。
UAとGA4とでは、Looker Studioは以下となります。

操作方法

UAもGA4も、Looker Studioの操作方法は同じです。

互換性

Looker Studioに関して、UAとGA4の互換性はありません。
UAと同じレポートをGA4でほしいときは、再作成が必要です。

Looker studioの特徴やメリット

以下のとおり。

  • 「無料」で利用できる
  • 自由にレイアウトできる (表・グラフ・画像・テキスト・デザイン等)
  • レポートは自動で更新される
  • 必要な情報を分かりやすく伝えられる
  • データソースの閲覧権限を渡さなくても見てもらえる
  • 見る側が期間を変えたり、絞り込んだりができる
  • 多種多様なデータを取り込むことができる (サーチコンソール・YouTube・スプレッドシート・BigQuery等)

GA4データ探索と比較したときの長短

GA4データ探索とLooker Studioを比較すると、以下の違いがあります。

  • △利用できるディメンションや指標の数が少ない
  • △遷移分析はできない
  • ○表現やレイアウトの自由度は高い

より詳しくは以下の記事をご覧ください。
» GA4とLooker Studioはどう使い分ける?【メリットデメリットを比較】

なお、「利用できるディメンションや指標の数が少ない」については、以下の記事をご覧ください。
» GA4とLooker Studioにおけるディメンション・指標の違い&対処法

Looker Studioでレポートを作るときの注意点3つ

Looker Studioでレポートを作る際の注意点を3つお伝えします

  • 注意点①:ディメンション・指標がGA4と異なる
  • 注意点②:データを作り始める前に設計をしてみる
  • 注意点③:1ページ内のデータ量が多いと重くなる

順に見ていきましょう。

注意点①:ディメンション・指標がGA4と異なる

前述したように、GA4の探索レポートで利用できたディメンションや指標の一部は、Looker Studioでは利用できません(が、随時増えています)。

また、ディメンションや指標の名称が、 両者で違うものがあります。

詳しくはこちらをご覧ください
» GA4とLooker Studioにおけるディメンション・指標の違い&対処法

注意点②:データを作り始める前に設計をしてみる

レポート作成の前に、どのようなレポートを作るのか設計しましょう。

・そもそも何を見たいか?
・必要なデータ一覧は?
・表現方法は?

注意点③:1ページ内のデータ量が多いと重くなる

1ページ内のデータ量が多いと、表示されるまでの時間が長くなります。

そんなときは、複数ページに分けるなどしましょう。

Looker Studio(旧:Googleデータポータル)の使い方3ステップ

続いては、Looker Studioの設定と操作方法を解説します。

Looker Studioの操作方法は以下の3ステップです。

Looker Studioの操作方法
  • 事前準備:データを取りこむ
  • 手順①:表現方法を決める
  • 手順②:グラフを追加する
  • 手順③:共有し活用する

順に見ていきましょう。

事前準備:データを取りこむ

Looker Studioのサイトにアクセスしログインします。
» Looker Studio公式サイト

※すでにアナリティクスを利用している方は、以下のように、メニュー内の赤枠をクリック後、Looker StudioのアイコンをクリックするでもOKです

【初回のみ】[無料で利用する]をクリックします。

以下の画面になります。

左上から[+作成] > [データソース]をクリックします。

【初回のみ】国は[日本]を選び、利用規約にチェックをつけて、[続行]をクリックします。

【初回のみ】メールの受けとり設定をお好みで選んで、[続行]をクリックします。

取り込みたいデータの種類を選びます。
この項では、[Googleアナリティクス]をクリックします。

【初回のみ】[承認]をクリックします。

取り込みたいプロパティを選びます。
[アカウント] > [プロパティ]の順に選び、最後に[接続]をクリックします。

右上の[レポートを作成]をクリックします。

[レポートに追加]をクリックします。

以下の画面が表示されたらデータの取り込みは完了です。

手順①:表現方法を決める

レポート作成の前に、どのようなレポートを作るのか設計します。

設計の3ステップ
  • 手順①-1:そもそもLooker Studioを使って何をみていきたいのか?を決める
  • 手順①-2:必要なデータ一覧を箇条書きで書き出す
  • 手順①-3:表現方法を考える
    – 種類(表/グラフ/文章)
    – 形式(棒グラフ or 折れ線グラフなど)

おすすめの手法は、データを入れない状態で、配置を考えること。

手順②:グラフを追加する

どんなレポートを作るか決まったら、次は具体的な作業に移ります。

レポートは「表示モード」と「編集モード」があり、両者を切り替えながら使います。

編集時に[表示]ボタンを押すと、表示モードに切り替わり、

閲覧時に[編集]ボタンを押すと、編集モードに切り替わります。

グラフや表の作成方法は、編集モードにしたうえで、以下の3ステップです。

グラフや表の作成方法
  • 手順②-1:希望のグラフを追加する
  • 手順②-2:ディメンションと指標を設定
  • 手順②-3:整形する

手順②-1:希望のグラフを追加する

上部のメニューから[挿入]をクリックして、希望のグラフを選びます。

あるいは、上部のメニューから[グラフを追加]をクリックして、希望のグラフを選ぶ、でもよいです。

例として、表を選ぶと以下のような表が新たに追加されます。

手順②-2:ディメンションと指標を設定

グラフや表を追加したら、見たいデータのディメンションと指標を設定します。

表をクリックすると、右側に設定画面が表示されます。

ここでディメンションと指標を設定していくわけです。

例として、ページタイトルごとのPVを表わす表を作成してみましょう。

この場合、
・ディメンション:ページタイトル
・指標:視聴回数(PVのこと)
となります。

ディメンションのエリアで、[+]ボタンをクリックし、希望のディメンションを選びます。今回は「ページ タイトル」を選びます。
※ページとタイトルの間には半角スペースが入っているので注意

不要なディメンションは [x]ボタンをクリックして削除します。

指標においても、同様の手順を行います。

すると、以下のように、ページタイトルごとのPVを表わす表ができました。

ディメンションや指標は複数設定できます
手順は上記と同様で、[+]ボタンをクリックして希望の項目を選べばOK。このあたりは、GA4データ探索と同じです。

手順②-3:整形する

仕上げに整形します。

たとえば、さきほどの表は、ページタイトルが途中で切れているので、表の幅を変えると見やすくなります。
※操作方法はエクセルやスプレッドシートとだいたい同じ。

上記でも十分ですが、
・表のタイトルをつける
・ディメンションや指標名を変える
・指標を棒グラフで表現する
と、さらに見やすくなります。

このほうが見やすいですよね(^o^)/

円グラフや棒グラフ、時系列のグラフの作成方法も、本質的には同じです。

おさらいすると、手順②-1)上部メニューから希望のグラフを選び、

手順②-2)ディメンションと指標を設定して、

手順②-3)整形する、の3ステップですね。

詳しくは以下にまとめましたので、そちらをご覧ください。
» Looker Studio(旧:Googleデータポータル)レポート作成時の操作方法を詳しく解説

手順③:共有し活用する

レポートができたら、他メンバと共有します。

※サイトやブログを1人で運営している方は、共有は不要です

レポートを共有するときは、画面上部の[共有] > [他のユーザーを招待]をクリックします。

共有方法は2つあります。

共有方法①:[ユーザーを追加]タブを使う

共有メンバのメールアドレスを記入し、権限(閲覧者/編集者)を設定し、[送信]をクリックします。

共有方法②:[アクセスを管理する]タブを使う

共有ルールを設定し、[保存]します。
リンクをコピーして、共有するメンバに送信します。

Looker Studioで計算フィールドを使う方法

続いては、計算フィールドの利用方法を解説します。

計算フィールドを利用すると、データソース内のデータを関数や演算子を使って計算し、独自のディメンション・指標を作成できます。

結果、レポート作成の幅を広げることができるので、ぜひ覚えておきましょう!

計算フィールドの利用方法

まず、Looker Studioの編集画面で右下の[フィールドを追加]をクリックします。

次に、赤枠内に計算式を入力します。

保存すると、独自のディメンション・指標を作成できるので、それをレポート内に使っていく、という手順です。

計算フィールドの利用例

先ほど紹介した「ページタイトルごとのPV」の表では、該当のページへのリンクが貼られていません。

そこで、計算フィールドでHYPERLINKという関数を使うと、該当のページへのリンクを貼ることができます。

該当のページを見たいときにすぐにジャンプできるので、とても便利!

それ以外にも計算フィールドの活用例はありますので、覚えておいて損はありません。

詳しくは、以下の記事にまとめたので、そちらをご覧ください
» Looker Studio(旧:Googleデータポータル)の計算フィールドの使い方【関数の使用例も】

Looker Studioでテンプレートやサンプルを活用する方法

前述したように、Looker Studioのレポートは、そもそもあなたが何をみていきたいのか?を決めて作るもの。

よって、誰かのマネをする必要はありません。

とはいえ、ある程度慣れてくるまでは、手が進まないことも多いでしょうから、他のレポートを参考にするのは有用です。

他のレポートを参考にする方法としては

  • Googleが用意したテンプレートを使う
  • 熟練者がサイトで公開したサンプルを使う

の2つがあります。

たとえば、Googleが用意したテンプレートを使うと以下のようなレポートを簡単に作成できます。

より詳しくは以下の記事にまとめたので、そちらをご覧ください。
» Looker Studio(旧:Googleデータポータル)のテンプレートやサンプルを紹介!

Looker Studioでエラーが出たときの原因と対処法

Looker Studioを使っていると、ときどきエラーが表示されることがあります。

たとえば以下のようなエラー。

  • データセットの設定エラー
  • 割当てが多すぎる
  • (other)

それぞれのエラーの原因と対処法は別記事にまとめたので、もしエラーが発生したときはご覧ください。
» Looker Studioで表示されるエラーの原因と対処法

Looker StudioでGA4以外のデータを取り込む方法

Looker Studioは、GA4以外のデータを取りこむことができます。

GA4以外のデータを取り込んで、Looker Studioにまとめておけば、日頃のサイト分析はLooker Studioだけを見ればいいので便利です!

特におすすめしたいのは、サーチコンソールのデータを取り込んでおくこと。

そうすれば、わざわざサーチコンソールを開く必要もありませんし、データを見るという観点では、Looker Studioのほうが見やすいですし。

データの取り込み方法と、取り込めるデータソース

Looker Studioの管理画面で、[+作成] > [データソース]をクリックします。

取り込めるデータソースの一覧が表示されます。

Google公式コネクタ

前半はGoogleのサービスで、無料で利用可。全部で24個(2022年11月時点)

Googleアナリティクス以外で、利用頻度が高そうなのが以下あたり。

パートナーコネクタ

画面下にスクロールすると、パートナーのサービスが表示されてます。
多種多様で全部で670個(2022年11月時点)。

割と有名なのがSupermetrics(有料、無料トライアルあり)

例:サーチコンソールのデータを取りこむ方法

Googleサーチコンソールは、検索にまつわるデータを分析できるツール。アナリティクスと並び、サイト分析には必須。もし導入してない方は、以下をご覧になり、今すぐ導入することをおすすめします。
» Googleサーチコンソールの使い方をやさしく解説【初心者向け】

[+作成] > [データソース]をクリックした後、[Search Console]を選びます。

対象のサイトとデータの種類を選び、[接続]をクリックします。

※データ種類の違いは以下のとおり。
・サイト:サイト全体のキーワードデータ
・URL:ランディングページ別のデータ

[レポートを作成]をクリックします。

空のレポートが作成されます。

右側の設定エリアのデータソースをみると、サーチコンソールになっていることを確認できます。

ディメンションと指標を選びます。
例として
・ディメンション:Query(検索キーワードのこと)
・指標:Clicks(クリック数)
を選ぶと以下のような表を作成できます。

もちろん、上記はサーチコンソールを開けば確認できます。
ただ、繰り返しですが、サーチコンソールのデータをLooker Studioにとりこむと、

  • サーチコンソールを開く手間を省ける
  • 定点観測ではLooker Studioのほうが見やすい

というメリットがあります。

サーチコンソールでのレポート例は、以下の記事で詳しく解説してますので、あわせてご覧ください。
» Looker Studio(旧:Googleデータポータル)のテンプレートやサンプルを紹介!

Looker Studioでデータ結合をする方法

※ここは中級者の内容

Looker Studioでは、複数のデータソースを取り込んで、それらを結合してグラフ表示できます。

手順はまず、Looker Studioの編集画面で、データソース欄にある[データを統合]をクリックします。

1つめのデータソースを選び、次に[別のテーブルを結合する]をクリックし、2つめのデータソースを選びます。

利用可能なデータソースの一覧が表示されるので、結合したいデータソース(2つめ)を選びます。

[Configure join]をクリックします。

結合のルール(多くの場合は左外部結合)と結合するキーを選び、[保存]します。

すると複数のデータソースを1つのグラフや表で見せることができます。

Looker StudioでBigQueryを活用する方法

ここは中級者向け。

Looker Studioでは、BigQueryと連携してレポートを作ることができます。

BigQueryとは?

BigQueryとは、Googleが提供するクラウドサービスです。

BigQueryとGA4を連携すると、GA4の生データをクラウド上に保存してくれます。

データ保持期間は、GA4の探索レポートだと2か月/14か月なのに対して、BigQueryは「永続」。

BigQueryを利用すると、
・GA4の元データを保存できる
・Googleスプレッドシートから直接データを取得できる
というメリットがあります。

Looker StudioでBigQueryと連携するメリット

Looker StudioとBigQueryと連携すると、

GA4の画面や探索レポート、Looker Studioのデフォルトでは出せないレポートを作成できる

というメリットがあります。

中級者向けではありますが、以下にその方法を紹介します。

Looker StudioでBigQueryと連携する方法

Looker StudioでBigQueryと連携する方法
  • 手順①:GA4とBigQueryを連携する
  • 手順②:Looker StudioとBigQueryを接続する

手順①:GA4とBigQueryを連携する

GA4とBigQueryを連携するには、双方で設定が必要です。

詳しい手順は以下の記事をご覧ください。
» BigQueryの導入手順や使い方を解説【GA4で無料化】

手順②:Looker StudioとBigQueryを接続する

Looker Studioの管理画面で、[+作成] > [データソース]をクリックします。

データソースとして、BigQueryを選びます。

該当のプロジェクトとデータセット、events_YYYYMMDDを選び、[接続]をクリックします。

これで、Looker Studio上でBigQueryのデータを利用可能になります。

SQLの結果をLooker Studioに表示する

BigQueryに保存したデータを取得するには、SQL文でクエリを書く必要があります。

SQL文の書き方やサンプルは以下をご覧ください
» BigQueryの導入手順や使い方を解説【GA4で無料化】

例えばBigQueryの画面において、上部のようなSQL文を書いて実行すると、下部に結果が表示されます。

取得した結果をLooker Studioに表示するには、[データを探索] > [Looker Studioで調べる]をクリックします。

以下の画面が出るので[使ってみる]をクリックします。

すると以下のように、BigQueryから取得した結果をLooker Studioで表示できました。

保存時は、右上の[保存して共有]をクリックします。
すると以下の確認画面がでるので、内容を確認し、[同意して保存する]をクリックします。

管理画面をみてみると、先ほどのレポートが保存されていることがわかります。

Looker Studioの学習におすすめの本

Looker Studioに関する本はほとんどありません。
もし買うなら上記がおすすめです。
私も購入しました(^o^)/

著:安田 渉, 著:石本 憲貴, 著:稲葉 修久, 著:沖本 一生, 著:小田切 紳, 著:佐々木 秀憲, 著:白水 美早, 著:杉山 健一郎, 著:世良 直也, 著:谷尻 真弓, 著:古橋 香緒里, 著:松浦 啓, 著:宮本 裕志, 監修:小川 卓, 監修:江尻 俊章
¥3,179 (2024/06/16 09:54時点 | Amazon調べ)

まとめ:Looker Studioを活用しよう

本記事ではLooker Studio(旧:Googleデータポータル)の特徴や使い方を解説しました。

最後にお伝えしたいことは、

  • 無料なので使ってみる
  • データを作り始める前に設計をしてみる
  • 1ページ内のデータ量が多いと重くなるよ

の3点です。

サイトのアクセス解析をするなら、Looker Studioはとっても便利!
本記事をブックマークして、ご活用ください(^o^)/

以下の本も参考になるので、一読をおすすめします。

著:安田 渉, 著:石本 憲貴, 著:稲葉 修久, 著:沖本 一生, 著:小田切 紳, 著:佐々木 秀憲, 著:白水 美早, 著:杉山 健一郎, 著:世良 直也, 著:谷尻 真弓, 著:古橋 香緒里, 著:松浦 啓, 著:宮本 裕志, 監修:小川 卓, 監修:江尻 俊章
¥3,179 (2024/06/16 09:54時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次